りんりん&どんぐりの発達障害ライフ

アスペルガー症候群の長男、トゥレット症候群の次男、そして波瀾万丈な母の3人で綴ります!

【長男どんぐりの紹介】

  あれは、8年前、長男どんぐりが中学2年生の春頃でした。

  朝起きられず学校を休む事が多くなり、母りんりんが怒り、

  どんぐりも怒ったり泣いたりわめいたりと尋常でない日常が

  多くなりました。

  部屋にこもりがちになり、食事とお風呂ぐらいしか会う事が

  なくなり、どんぐりが笑う事も、話す事も無くなっていました。

 

  そんなある日、「母さん病院へ連れて行って!」と言いました。

  その頃の母りんりんは、発達障害など何も知らない

  無知な親でした。

  受診をすると、テストを受けて、結果を見てからの診断と

  なりましたが注意欠陥多動性障害心身症である事が

  解りました。

 

  どんぐりは、

「少しホッとした、何もなければすごく変な人だから❗️」

  と言った事が今でも忘れられません😞

 

  この頃の事は又、詳しく書かせて頂きます🍀

  その後受診を重ねると、先生から言いにくそうに

  アスペルガー症候群であると告げられました。

 

  8年が過ぎて21歳の長男どんぐりは、できる事、

  出来ない事を理解し就職支援の軽作業のお仕事を

  やらせて頂き、狭いワンルームアパートで自立した生活を

  送れるようになりました。

  今後、長男どんぐり本人も書かせて頂きますので、

 またおつき合い下さい😊