りんりん&どんぐりの発達障害ライフ

アスペルガー症候群の長男、トゥレット症候群の次男、そして波瀾万丈な母の3人で綴ります!

【次男くれよんの紹介】

  あれは、5年前くれよんが小学校3年生の夏頃です。

  学校では、いつもニコニコしていて、お友達を助ける事が出来る

  優しい子であると、  先生に褒めていただく事が多く、

  長男どんぐりとは違いコミュニケーション能力は

  大丈夫だと思っておりました。

 

  しかし、漢字練習を嫌がったり、母から離れず留守番が出来ない事や

  外のトイレを怖がり母が着いていかなければならない事など、

  発達障害が心配でした。

  兄の受診時に医師に話すと、WISC検査を受ける事になりました。

 

  結果は注意記憶だけが、とても低いため広汎性発達障害である事が

  解りました❗️

  しかし、注意記憶に関して有効な、ストラテラと言うお薬があると

  説明して頂きました。

  その頃の母りんりんは、兄の経験から発達障害についての知識は

  ありましたので、軽くて安心しましたし 、くれよんに困る事が多く

  なったら、お薬を検討しようと思う程度でした。

 

  しかし、半年程が過ぎた冬の事です。くれよんが

「体が勝手に動いちゃう」と

  言い出し、りんりんは「そんなことないでしょ〜❗️」と

  半信半疑でしたが、みるみる凄いチック症状の 嵐です。

  この頃についても又、詳しく書かせて頂きます。

 

  東京の病院での検査が必要で、先生から紹介状を頂き、

  予約、検査、結果まで3ヶ月程かかり、

  治療が出来ず辛い日々でした😓

  トゥレット症候群(チック症)と解りました😔

 

  普通の学校生活も無理であろうと、医師から言って頂いたのが

  ショックではありましたが、その後の行動が明確になり、

  前に進みやすかったと感謝しております❗️

 

  今は、みんなと少し違う生活ですが、

  たくさんの方に支援して頂きながら、

  充実した毎日を過ごせています🎶

  これから、書かせて頂きたい事がたくさんありますので、

  又おつき合い下さい👩‍👦‍👦