りんりん&どんぐりの発達障害ライフ

アスペルガー症候群の長男、トゥレット症候群の次男、そして波瀾万丈な母の3人で綴ります!

【死にたいと思っていたどんぐり】

8年前の、長男どんぐりは、中学2年生でした。
朝、目は覚めているのですが、体が辛くて起きられないと、

学校を休みたがる事が多くなってきました😔

母りんりんは昭和のお母さんなので、 熱が無ければ、学校を休んではいけないと

怒っていました😠

でも父は、もっと昭和のお父さんで、子供にとって怖い存在でした❗️

りんりんの最終手段は父に話すよと、脅すような事までして

学校に行かせていました。

 

でも、漢字がとても苦手で、練習をした後、練習した順番に漢字が書けても、

 読みがなを見て漢字を書く事が出来ませんでした。

 時折、怒ったり、大きい体でひっくり返って泣いたりと、

 普通ではないかもしれないと思い、不安は抱えていました😔

 

小学校のどんぐりはクラスや近所のお友達が、毎日遊びに来る程、

楽しく明るい男の子だったのが、この頃は笑わない、話さない、

食事以外は部屋にこもるという状態でした。

部屋で暴れている事もありました❗️

 

そんなある日、母りんりんと言い合いの末、泣きながら

「死のうと思っているけど、僕は弱いから、怖くて死ぬ事が出来ない❗️
 母さん、病院へ連れて行って❗️」と言いました。

 母りんりんは、涙が止まりませんでした。

言葉も出なくて、「すぐに   病院へ連れて行くからね。」と

言うのがやっとでした。

心配だったので、お風呂に入った隙に部屋をみると、クローゼットに

草刈りなどに使うピカピカの『かま』が隠してありました。

そのまま、りんりんの部屋に隠しました。

 

大きな病院へ行きましたが、予約が3ヶ月先になるとの事で、

早く受診ができる 個人のこどもクリニック(精神科)を教えて頂きました。

そして発達障害と二次障害の心身症と解りました。

怒ったり、泣いたり、暴れたりしていたのは苦しさの表れだったのに、

無知な母が理解してあげらず、本当に申し訳なくて、泣きながら謝りました。

 

そして思っています。

「死なないでくれて、本当に良かった・・・!」

 今までも胸がいっぱいになります。

 この後は、また、書かせて頂きますので、お付き合い下さい🐬