りんりん&どんぐりの発達障害ライフ

アスペルガー症候群の長男、トゥレット症候群の次男、そして波瀾万丈な母の3人で綴ります!

【長男どんぐりの診療のお話】

f:id:rinnrinn-donnguri:20170716111536j:image

どんぐりとくれよんは、母の仕草に敏感なので、いつも笑顔を心がけて家事、

育児、仕事をこなしています🎵  

 しかし、この暑さで体がキツ〜イです❗️

でも、ビタミン剤飲んで今日の仕事も頑張ります❗️(たまには寝込みたい)

 

さて、長男どんぐりの診断がでましたが、風邪の様に薬を飲んで休めば治ります

という訳にはいきません。

長男どんぐりが障害だったと、心から受け入れられるまで、

正直、時間がかかりました。 

 

受診時、医師から外国では使われていて、日本で認可がおりたばかりの

副作用が少ない薬を飲む様処方して頂きました。

もちろん治す為ではなく、発達障害の特性を補佐するお薬です。

飲んではみましたが、この頃の長男どんぐりには効果が感じられず、

眠れず体が弱り辛い日々が、続いていました。

受診時に薬の効果が感じられないと言うのですが、

とにかく飲む様にと処方されます。

どんぐりも先生に、馴染めない様でした。

 

母りんりんは、今後の学校なども心配だったので、

児童相談所に相談してみました。

今思えば、この決断が大正解でした🙆‍♂️

診断、受診を受けたのは、こどもクリニックで

小さい子供が専門な医師だったのだと思います。

 

児童相談所で「思春期の事も良くわかる先生の相談日があるので、

会ってみますか?」と言って頂き,予約を取らせて頂きました。

運命の日とも言えます😲

まだ書きたいのですが、買い物、シャワー、夕食を作り、

当直の仕事へ行くので、この続きはまた、書かせていただきます。

お付き合い頂けると嬉しいです🍀