りんりん&どんぐりの発達障害ライフ

アスペルガー症候群の長男、トゥレット症候群の次男、そして波瀾万丈な母の3人で綴ります!

【ショックだね、Fくん】

母りんりんの職場、障害者福祉施設で生活している
【悲しくなるなぁ発達障害】で紹介したFくんですが
作業所(仕事場)の所長に反抗し、作業所を辞める事に
なってしまいました😨
え〜❓まさかのクビ〜❓
もう、退職の書類にサインしてしたからと上司から
報告があり、びっくりしました。
しかし、ウチの福祉施設運営の作業所ですよ💦
ありえないでしょ???
いつも、りんりんの居ない時に問題が起こって
しまうから、何もしてあげられないよ・・・!

🔷最近のFくん🔷

自分の過去や現在の事や気持ちをたくさん話してくれ、
りんりんに色々問いかけて、一生懸命何かを得よう
としていました。
怒りも抑える努力も見え始めていました。
老人施設で働く夢も出来ました✨
若く体力もあるので、ストレス発散の為にスポーツを
する事をFくんに勧めると、やりたいと言いました。
早速、上司に許可を貰った所で、これからFくんの
笑顔が増えるかな?と思っていた矢先の出来事でした
スポーツをする事も取り消しになってしまいました😲
あ〜Fくん、ショックだよね〜❗️りんりんもだよ〜❗️


軽度の知的障害の方や精神障害の方は、素直で
怒れば従うので、作業所のお仕事が出来る様に
なるけど、発達障害の特性が強くある場合は
そう簡単にはいきません。
行動のコントロールの障害があったりします。
刺激と反応の間にワンクッションを入れることが
苦手な傾向にあります。
カッとなるとすぐに手が出てしまうといった行動も
このひとつとして考えられます。
しかし、現状の福祉施設や作業所では、この辺の理解
がされておらず、発達障害の方の受け入れすら困難な
状態なのです。
集団行動が苦手という事だけ理解されている様で、
適切な教育をして出来る様になってもらう事までは
してくれないのですよ😞

母りんりんはFくんがクビになってしまう事など
微塵も考えていなかっので、じっくり療育しようと
考えていました。
まず『怒ったら、怒られる』をすりこもうと思い、
話をする度に、繰り返し伝えていましたが、
間に合いませんでしたね😅
でも、Fくんの人生はまだまだこれからです。
まだ、28歳ですもの✨
しっかり療育してこれ以上失敗体験を増やさない様に
してあげたいです👍


🔷SST(ソーシャルスキルトレーニング)🔷

SST(ソーシャルスキルトレーニング)とは、
社会で生きていくうえで必要な技術を習得する
為の訓練です。

次男くれよんが通っている病院で、主治医にSST
受けてみたいと話した所、
小学校の低・中学年クラスと
小学校の高学年・中学生クラスの2つに分けて、
医師の立ち会いのもと、SSTをやって頂けました。
親子別々の部屋で、親には医師が講義をしてくれたり
現状の困った事についての話し合いなどが出来て
親子共に、とても有意義な時間を過ごせました😊
たくさんの知識も得ることが出来ました。
主治医に感謝、感謝です🌈
次男くれよんはコミュニケーション能力に問題は
無いので、イライラの対処法が思春期になり、
役立っています👍
さらにFくんには最適ですよね✨
早速、Fくんの状況を見て、進めていこうと思います。

また、様子を書いてみたいと思いますので、
読んで貰えたら嬉しいです。

【敬老の日のプレゼント】

次男くれよんは記念日をきちんと覚えていて、
何日も考え、必ずプレゼントを渡します✨
母りんりんの誕生日に、お小遣いをはたいて、
時計をプレゼントしてくれた時には驚きました。
お父さん、見習ってね😋

🔷祖母との同居🔷

次男くれよんが、1歳半位の時に母りんりんの母親と
同居する事になりました。
母りんりんはパート勤務をする事が多かった為、
仕事の時は、祖母がくれよん君の面倒を見て
くれていたので、くれよん君は祖母が大好きです😊
しかし、くれよん君は成長し、祖母は年老い
うつ病も発症してしまったので、くれよん君が
よく面倒を見てくれています。
祖母の支えになっていると思います。

🔷祖母へのプレゼント🔷

今までは、私以外へのプレゼントは意見を聞かれて
いたのですが、今回の敬老の日のプレゼントは
桃のケーキに決めたと言いました。
いつも祖母の話をよく聞いてくれているので、
祖母の事に詳しいくれよん君です。
くれよん君と一緒に買い物に行くと、これ祖母が
食べたがっていたとか、好きになった物などを教えて
くれます。
どうやら、祖母は最近ケーキを食べたがっていた様
なのです。

今まで、我が家の記念日のケーキは、母りんりんと
くれよん君が一緒に材料を買いに行き、2人で
デコレーションしていました。
記念に撮っていた過去の写真が入っていたので
恥ずかしながら、載せちゃいます♪


次男くれよん13歳の誕生日


昨年のクリスマスケーキ

🔷さて、ご予算は?🔷

次男くれよんに、月に一度、お小遣いをあげています。
カードパックや100円を使うゲームが好きで、
カードやメダルのコレクションが趣味です。
油断すると、あっと言う間にお小遣いが無くなるので、
まずお小遣い前に欲しい物リストを作ります。
お小遣いを手にすると、リストから本当に欲しい物を
決めて金額を振り分けます。
必ず200円〜500円は貯金箱に入れて貯めます。
プレゼントとお友達と遊ぶ時の資金は貰ってある
お年玉から出します。
お年玉は半分貯金、半分は使えるお金に振り分けて
あります。
使えるお年玉も、12で割って、1ヶ月に使える
最高金額は決めてあります。
母りんりんはお手伝いでお小遣を貯めるのがとても
良いと思っていますので、頑張った月にはプラスする
様にしています。全部お手伝いにしたいのですが、
祖母の面倒を見るという、金額にしにくい面がある
ので、大雑把なカウントです😅
さて、さて、敬老の日のプレゼントのご予算は?
『1500円まで』だそうです😊

🔷材料のお買い物🔷

今回は次男くれよんのプレゼントですので、本人に
任せてみました。
買いたい物が揃う様に、大きいスーパーにしましたので
普通のお値段だと思います。
スポンジケーキ台プレーン(5号) ¥429
もっと大きなスポンジ台が欲しかったそうですが、
これしか無く少々がっかりしてました。
気をとり直して、
ディズニーしぼるだけホイップ ¥213
中沢 フレッシュクリーム ¥386
トップフード黄桃 ¥124
生の桃を見たら、綺麗に剥いてカットする自信が
なくなり、色も綺麗になるから缶詰めの黄桃にした
そうです☺️
税込全部で1,152円です!予算内ですね。
小さめなので、安く出来そうですね✨

🔷無事、作れるでしょうか?🔷

今まで、ケーキのデコレーションは母りんりんと
楽しくやっていました。今回は1人でどれだけ
出来るのでしょうか?
ちょっと楽しみでした。
材料や器具を自分で用意して準備万端です。
意外と何処に何があるか知っていたのですね。
まず桃缶を開けてペーパータオルの上に置いて
切っていました。そうね!水分カットは大事よ👍
挟む用と飾り用、包丁使いはちょっと心配・・・
次、生クリームの泡立てです。
おっ!お砂糖もちゃんと入れてる👍
いつもは交代で泡立てですが、あれ?もう泡立った?
いつもは力任せでしたが、1人だからゆっくりやろう
と、力を抜いて手首を回したらコツを掴んで、早く
泡立ったそうです😨
母りんりん、今まで偉そうに教えてたのに、2人で
泡立てる時より早いってどう言う事よ!!(笑)
後は順調にスポンジに、泡だてた生クリームをぬり
桃を挟み、生クリームを塗りスポンジをのせ、
生クリームを塗りました。
仕上げにホイップしてあるクリームを絞り桃をのせ
又、クリームを絞り完成です。
ちょっと、綺麗にはデコれなかったと言ってましたが、
母りんりんに聞くことも無く、1人で作れちゃいました😮
母りんりん、嬉し寂しい感じ・・・😋


祖母はとても喜び、美味しいよ、ケーキ屋さんのより
ずっと美味しいよと言いながらたくさん食べました。
又食べたいと言っていました。
母りんりんも長男どんぐりも頂きました。
本当に美味しく、又、食べたいと思いました。
私の誕生日には、超特大ケーキお願いねと思う
母りんりんでした(笑)

本日も、読んで頂きありがとうございます😊
元気の源になりますので、またお願いします💕

【障害者手帳について】

久しぶりに、児童相談所へお電話しました。
次男くれよんの中学卒業後の進路の為に、
そろそろ療育手帳の準備をしようと思います。
児童相談所の懐かしい、○○さん!
長男どんぐりがお世話になった担当の方です。
お話しが出来て、当時を思い出しました😊
まだ居て下さって、覚えていてくれて安心しました。
長男どんぐりが発達障害と解ってから、力を貸して
下さる方との繋がりが増えた事は、とても貴重な
体験です。ほっこり心が温まりました。

🔷児童相談所の役割🔷

◾️児童に関する専門的な相談、一時保護、施設入所措置
◾️児童の療育手帳の判定

長男どんぐりが発達障害と解ったのが中学生2年生で、
進路が心配でした。
知的に問題はありませんでしたが、アスペルガー症候群
であった為、療育手帳を取得出来ました。
当時、母りんりんは膝の疲労骨折で、松葉杖で
児童相談所に行った事が思い出されます。
今の主治医にも会わせて頂きました。
あの頃は必死でしたが、今となっては良い思い出に
なっています👍
長男どんぐりは自分でもこのブログに書いていますが、
夢を見つけ専門学校へ進学しました。
夢を見つけてからの努力とエネルギーは凄かったと
思います。
夢は叶わなかったけど、新たな自分の道を考え地味
ですが、工場の簡単な仕事をコツコツしながら、
趣味で得意なゲームの実況動画を作り、見て頂き
とても楽しそうな日々を過ごしていて安心しています✨
長男どんぐりは二つのスマホゲームを同時にしながら
テレビ(アニメ)を見るという凄技ができますが、
何かに活かす事はないだろうな〜と思っていました。
ちょっと無駄な能力じゃない?発達障害の子は得意な
能力があるはずだけどなぁ〜!
他の能力が欲しかった〜!(笑)
しかしいつの間にか、自分でゲームをしながら話す
という実況動画でちゃっかり活かしてました(笑)
そんなこんなで、長男どんぐりは学校関係で療育手帳
使う事はありませんでした。
ごめんなさい、児童相談所の○○さん(笑)

🔷障害者手帳の種類🔷

◾️身体障害者手帳
視覚、聴覚、平衡、音声、言語、そしゃく、
肢体(上肢・下肢・体幹)、内部(心臓・じん臓・呼吸器・
ぼうこう又は直腸・小腸・免疫・肝臓)の各部位に
不自由があり都道府県、政令指定都市及び中核市
認められた方に交付されます。

◾️精神障害者保健福祉手帳
精神障害ある方が一定の障害にある事を証明するもので
自立し社会参加するための手助けとなります

◾️療育手帳(自治体により愛の手帳、みどりの手帳)
児童相談所、障害者更生相談所で知的障害と
判定された方に交付されます。
IQ76以下(自治体で異なるかとは思います)の者と
基準がありますが、指数が境界線であって、かつ、
自閉症の診断書(自閉症、自閉性症候群、自閉性障害
及びアスペルガー症候群)の記述がある
精神科医の診断書があり、児童相談所又は
障害者更生相談所の長が認めた場合も交付されます

🔷発達障害に手帳は必要❓🔷

学校や仕事を考えた時に支援が必要か必要でないかに
よって、手帳の必要性は違ってくると思います。
お子さんが小さいうちは親が決める事になりますが、
将来の話し合いが出来る様になったら、
どんな学校に行きたいのか?
どんな夢を持っているのか?
どんな仕事がしたいのか?
によって、手帳の取得を決めても良いと思います。

学校関係に支援が必要な場合(養護学校)、療育手帳が必要
になってきます。
次男くれよんは、知的に問題はなかったので、
精神障害者保健福祉手帳を取得してあります。
長男どんぐりの経験から、仕事をする時の支援に必要で
あると思ったからです。
主治医から今は、自閉症スペクトラム
トゥレット症候群の診断なので医師の診断書があれば
療育手帳の取得もできるとの事です。
今後の進路の幅が広がるので取得しておいた方が良いと
主治医からもお話し頂いたので準備をしておこうと
思います。
トゥレット協会の先輩方は、強いチック症状が出ている
場合は仕事が無理であったり、軽い場合はアルバイトか
作業所での仕事と障害年金という状況が現実です。
障害年金を考えると早いうちに精神障害者保健福祉
手帳と療育手帳の両方の取得がある方が良いと思います。

知的に遅れのない軽度発達障害で不得意が多くあり、
一般の仕事に就く事が難しいのではないかと不安が
ある場合、この精神障害者保健福祉手帳が取得しやすく
就労移行支援や就労継続支援B型の働く場に行く事が
出来るので、取得しておくと良いと思います。

軽度発達障害は、みんな違いますから手帳も支援も
必要なく健常者の道を歩んで行くことも充分、
出来ますよ😃
早く解るほど、療育が出来ますので、発達障害
診断を受けても心配せず、苦手を減らし、
得意を伸ばしてあげて下さい✨
きっと、明るい未来が待っていますよ🍀

【週末家族は良い感じ】

週末家族を始めて、2年半くらいになりました😊
随分、落ち着いた穏やかな生活を送れています👍
主人の居ない日常は・・・(笑)
以前は、長男どんぐりのアパートに行く事ばかり
でしたが父の居ない日にたくさん来ています😃
次男くれよんも母親も笑顔で過ごしています🍀

🔷主人の困ったくんの所🔷

▪️良かったはずの機嫌が一瞬で悪くなり、カッとして
文句を言い出します。
▪️人を信じる事が出来ません。
出会った方をまず疑います。
疑いが無くなっても心を開く事はありません。
母りんりんの事も未だ、心の底から
信じる事が出来ていないのだと思います😞
(怒った時の言動で解ります)
寂しいな〜!いつになったら信じてくれるの
かなと思います。
母りんりんは、その都度、「家族だから、信じてよ」
と伝えていますが、今の所変化はありません。
▪️自分を見つめる事が出来ません。
皆んなに怖いと言われても、自分では怒っている
つもりは無いのです。
怒った時に言った事は覚えていないです😞
▪️本当の気持ちを怒らず話す事が出来ません。

🔷少しの変化🔷

週末家族を始めてから、なるべく怒らないように
気をつけてくれていると思います。
でもでも、時にはどっかんですが、一緒にいる
時間が短いので、不機嫌な時間は少なくなりました。
やっと大きな変化を感じられたのが、本当の気持ちを
怒らずちゃんと伝えてくれる事が出来た事🌈
「今は、長く一緒に過ごせ無いのが不満だよ😌」と😮
母りんりんも「怒らず気持ちを伝えてくれて
とても嬉しいよ、すごいね」と褒めちゃいました。
まるで育児と一緒じゃないですか(笑)

🔷最近のエピソード🔷

少し前、仕事から帰った主人の頬が驚く程腫れて
いました。


かかりつけの歯科が夏休みで、慌てて近くの歯科を
ネットで調べて当日予約をして行きました。
昔治療した虫歯の根の悪化で歯に穴を開け、膿を出す
様にして化膿止めの薬を飲みました。
翌週には歯を抜きました。
そして先日、歯科から帰ると、奥歯が無いままで、
「普通は入れ歯だけど○○さんは金具が骨に当たって
痛いと思うので、無理です。
反対も、虫歯だけど今の所終わりです」と
歯医者さんに言われたそうです。
薬があると反対側の虫歯の痛みが和らぐので欲しいと
言いましたが、「無理です。終わりです」と
言われたそうです。そんな事あるわけ無い。
虫歯なのに!
母りんりんは、
「あ〜!治療の間に怒らなかった?」と聞くと
怒らないけど、歯を抜いて口をゆすいだ時に
いつもの様に「あ〜!痛え〜!」と言った。
「それだよそれ!
歯医者さんも怖かったんだよ・・・
それ、(主人が)怒った態度だよ。あ〜あ、
それで、もう見てくれなくなっちゃったんだよ!
短気は損気だよ〜!」と
母りんりんと次男くれよんは顔を見合わせて
笑っちゃいました。
主人もそうかなあ?と笑ってましたが、母りんりんは
内心、経験からも学んでよ〜と
思っちゃいました(笑)

少し、体調も悪い気がするらしく、ネットで調べると
男性の更年期が当てはまり、近くの心療内科の検索を
しました。
やっと治療のスタートラインに立てた気がしています!
さてさて、受診に踏み切れるかが問題ですが、何とか
落ち着き出した週末家族です😊

読んで頂きありがとうございます。
ブログに書けてスッキリしました😋
また読んでもらえると嬉しいです💕

【続・主人の心の傷】

前回、何故主人の心の傷が出来たのか、
癒えない傷に、どんな影響があるのかを
書いた続きになります。
現在、主人にやっと多少の変化が見えたので、
嬉しく、書く気持ちになっています😊


🔷主人が怒り始めた頃🔷

主人は、幼児期から高校卒業するまで、
義母の虐待を誰にも言わず、我慢していました。
就職が決まり、やっと家を出る事が出来て、
自由な生活は楽しそうでした✨
その頃の話はたくさんしてくれます。
結婚してから、ずっと怒ることもなく、
優しく、楽しい旦那さんでした。
子供にも優しく、家事育児も手伝ってくれていました。
長男どんぐりが5歳位の頃でした。
母りんりんが好きなラーメン屋さんに食べに連れて
行ってもらった時の駐車場での出来事です。
グズグズ言っていた長男どんぐりに急に怒り出し
怒鳴り頭をペシっと叩き、びっくりした事を、今でも
忘れられません。
食いしん坊母りんりんですが、ショックでラーメンが
喉を通りませんでした。

家に帰ってもすっかり元気を無くした母りんりんに、
「義母が嫌だっだったのに、染み付いてしまっている」
と言いました。
虐待されて育った子は虐待してしまうという、
悲しい連鎖があるという事は、知っていました。
しかし、虐待ではなく昭和のお父さんの叱り方でした。
その頃、仕事で昇進して大変そうな時期だったので、
ストレスが溜まっているのだろうと思っていました。
翌日からはいつもの主人でした。


🔷りんりんの母親の同居🔷

1年程過ぎた頃、母りんりんの兄が事故で急死して
しまいました。
母りんりんの母親と兄の2人暮らしだった為、
急な出来事にショックを受けた母親は痩せて、
体を壊し入院しました。
母りんりんの父親は、りんりんが6歳の時、
心筋梗塞で急死してしまいました。
それ以来母親は、1人で兄とりんりんを育ててくれ
ました。
私の心配を察してくれた主人が、母親も一緒に
暮らそうと言ってくれ、とてもありがたい事でした。
とても優しい主人なのです。
次男くれよんくんも生まれ、賑やかな明るい家庭に
なっていきました。


🔷心の傷を理解した頃の家庭環境🔷

主人は、以前の会社のストレスに耐えきれず、
転職をしました。
収入減の為、母りんりんもパート勤務をする事に
しました🍀
賑やかな家庭ですが、主人のストレスも多かった
とは思います。
長男どんぐりは発達障害と解らず、
主人の気に障る事が多かったでしょう。
りんりんの母親も結構なワガママです。
新しい会社も慣れるのに大変だった事でしょう。
様々なストレスが重なった時、心の傷が疼きだし
感情のコントロールが出来なくなりました。
怒ったり、不機嫌が多くなりました。
母りんりんもなんとか前の主人に戻って欲しくて
色々な本を読み、アダルトチルドレンの本に
行き着きました。


主人の心の傷が癒されなければ、感情のコントロール
難しいのだと解りました。


🔷傷を癒すには❓🔷

カウンセリングが有効かと思い、子供達の主治医に相談
すると、カウンセリングは時期ではないとの事でした。
傷に塩を塗る事になるので、自分で話すことの出来ない
時期に、ましてや人に勧められてのカウンセリングは
逆効果になってしまう事があるそうです。
まず、子供の頃の話を自分からできる様になったら、
治療のスタートラインに立てるそうです。
待ってあげましょうとの事でした。

しかし、長男どんぐりのストレスが心配であると、
子供達の主治医に告げられました。
主人と距離を置ける時間があると良いとアドバイス
頂きました。
特に長男どんぐりは体も大きくなり、意思も強くなり
ぶつかってしまうときっとただでは済まなくなります。
母りんりんも心配で、2人の行動に神経を張りつめて
いる状態でした。
長男どんぐりは就労支援を経て、就職し、仕事が出来る
様になった頃、家を出たいと言いました。
主人と距離を置けるし、自立の訓練もできる為、
近くに安いワンルームアパートを見つけました。
母りんりんの気持ち的には泣く泣く送り出しましたが
いつでも行ってあげられるからと見えなくなるまで
背中を見つめていました。
本当は、涙でぼんやりとしか見えていませんでしたよ😢
やっぱり、また一緒に暮らそうねと思っていました。


🔷今の家庭環境🔷

主人は長男どんぐりを怒る事が多かったのですが、
居なくなってしまうと、次男くれよんと母りんりんに
怒る事が多くなりました。
母りんりんの母親が家を出たいと言います。
しかしストレスでうつ病まで発症している母親を
1人で出て行かせる事はどうしても出来ませんでした😞

母りんりんは決意して、主人が怖い事、母親が家を
出たがっているが、うつ病の為、1人での生活は
無理だと思う事を話しました。
そして、しばらくの間3人(りんりん、くれよん、母親)で
家を出たいと思っている事を伝えました。
主人は、怖いと思われる事が解らないと言いました。

しかし、数日してから主人から話がありました。
仕事はドライバーなので、長距離の仕事に変更すると
週1日の休みの日だけしか家に帰れないから、
それでは駄目なのか❓と聞かれました。
母りんりんは別々に暮らしたいと思っている
訳ではなく、現状を変えて、家族みんなが笑顔でいて
欲しかったのです。
主人の傷を癒してあげられない無力感が大きかったな。
いつか、主人も心の底から笑える日が来て欲しいと
思っています。

母親と次男くれよんが仕事を変更してくれる事に、
納得する事ができたので、主人のお休み1日だけ、
一緒に過ごす家庭環境になりました。
週末婚ならず週末家族になるのでしょうか❓

その代わり主人も生活費がかかるから、給料振込み
に使っているカードと通帳は持って行くと言いました。
えっえっえ〜!そんな事ってあり〜?😨
住宅費と光熱費は引き落としなので、生活費は
母りんりんが稼がなければならないのね・・・💦
でも、やってみよう❗️週末家族❗️
ポジティブ母りんりんですから(笑)

書きたい事がどんどん溢れてきてしまい、
まとまりのないブログですが、読んで頂き
ありがとうございます😊
まだ書きたりないので、また読んでもらえると
とても嬉しいです✨

【主人の心の傷】

主人は、怖いです!
男の人が怒ると怖いのは当たり前ですが、
主人は、幼児期から義母に虐待を受けて育った為
だと、母りんりんは思っています。


🔷主人の両親🔷

主人の両親は、恋愛の末、親に反対されながら
無理やり2人で田舎から、上京したそうです。
お母さんは、体が弱かったそうですが、2人で頑張り
長男、長女と生まれ、3人目の主人を妊娠した頃、
家も購入したそうです。
お母さんの体は、弱っていて出産は無理だと医師に
言われたそうですが、お母さんは産みました。
主人が生まれ、購入した家に数ヶ月暮らせただけで
お母さんは亡くなってしまいました。
どんなにか、無念で、子供が気がかりだったと思います。

主人のお父さんは悲しんでる暇もなく、仕事はあるし、
主人は生後3ヶ月くらいだった為、お父さんの親が心配し、
田舎から後妻に来てくれる方を見つけたそうです。
ん〜ん!50年以上前はそういう結婚もありましたよね。

🔷主人の幼少期🔷

結婚前も今も主人は、義母の事をほとんど話しません。
ご両親の話も幼少期の話も、ほとんど主人の姉に
聞きました。

主人のお父さんが再婚してから、兄弟も増えました。
義母も環境の変化や育児に大変な事だったとは思います。
お父さんは、仕事で出張が多く1ヶ月程帰れない事が
多かったそうです。
主人の物心がついた頃から、お兄さん、お姉さん、主人は
怒鳴られる、殴られる、髪を掴んで引きずる(姉)などが
度々あったそうです。


お兄さんは中学を卒業と同時に、住み込みの
仕事をする為に、家を出ました。
早く 、お金を稼いで2人を引き取りたかったそうです。
お姉さんと2人になり、ひどい時は逃げて野宿をした
事もあったそうです。
お姉さんも中学卒業後、住み込みの仕事を見つけ、
家をでました。
弟(主人)を連れて行くとお父さんに言いましたが、
反対され、叶わなかったそうです。
義母について、お父さんに話す事はなかった様です。
主人が1人になってからの事は、少しだけ話してくれた
事がありました。
夜、寝ている所でも殴られたり、蹴られたり、
お父さんの居ない時は、主人のご飯だけなく、
給食だけが頼りだったそうです。
今でも時々、子供に
「お父さんは子供の頃、お腹が空いて仕方がなかった
から、いっぱい食べろ〜!」と言います。
母りんりんは、なんとも切ない気持ちになります。
その頃にワープして子供の主人を救えたらと思います。

🔷今の主人🔷

体は小さいですが、ワイルドな感じで顔が怖いです(笑)
笑顔だと、なかなかいけてます(笑)
普段は優しいのですが、急にカッと怒りだします💢
例えば、車に乗り込む時に頭をぶつけると
「クソ!痛えなこのヤロー!」と椅子を殴ったりします。
子供に対しても、違う部屋で、物を落としてしまって
音を立ててしまうだけで、
「おめーは、いつもうるせーんだよ!」と子供の部屋に
怒鳴り込んだりします。
仕事で、何かストレスがあると、とてーも怖い雰囲気を
全身から漂わせています。そんな時に、子供の
気に入らない行動が目につくと、頭をペシっと叩きます。
そこに母りんりんが反応して子供をかばうと、
私に怒鳴ります。
でも、今までりんりんには手を挙げた事はありません。

母りんりんは温かい家庭を目指しているのですが、
いつ主人がカッとなるか、緊迫した家庭に
なっていました。
私の母も一緒に暮らして居ますが、ストレスが原因で
うつ病を発症し、通院し薬を服用しています。
2年半前、主人と話し合いの末、家庭環境を変える事
になりました。週末婚?です。
長くなりましたので、次回、また詳しく書きます。

読んでいただき、ありがとうございます。
今回は少し暗い内容ですが、また読んで
もらえると、とても嬉しいです。

【学習障害の強い味方】

今日は、学習障害について、母りんりんの体験から
得た事を書きたいと思います。
親でも、あれ〜❓と不思議だったので本人の大変さを
知ってもらえたら良いなと思います😊


医学的な詳しい説明ですが、ネットで
『りたりこの発達ナビ』など見てしまうと、
とても上手に説明されていて、母りんりんは書く事が
無くなってしまうではないですか😨
なので、難しい事はお任せして、母りんりんは多くの
皆さんに理解してもらえる様、簡単な説明にしますね😃
(あれ❓まさかの手抜き❓)

🔷学習障害について🔷

学習障害とは、知的に遅れがないのに、
聞く・話す・読む・書く・計算する能力のうち 、
ひとつ又は複数の習得・使用がとても難しい発達障害
事です。英語を略してLDと言われる事もあります。
主に、大きく3つの診断名に分類されていました。
♦️読字障害(ディスレクシア)・・読む事の困難
♦️書字表出障害(ディスグラフィア)・・書く事の困難
♦️算数障害(ディスカリキュリア)・・算数、推論の困難
これも以前の事ですが、解りやすい診断名ですよね❗️
今は
♦️「限局性学習症・限局性学習障害」とひとくくりに
なってしまい、自閉症スペクトラム症同様、
またまた解りにくくなりました💦
そして残念な事に、日本では、読字障害単独の
発現率調査は、ないそうです。


🔷長男どんぐりでの体験🔷

7年程前になりますが、長男どんぐりの進路を考えて
いた頃、発達障害親の会(会員ではありませんが)
主催の進路について講演会があり、参加しました☺️
そこで、会員のお母さん達の衝撃的な会話が
聞こえてきました。
「日本は、発達障害の研究や理解が遅れているよね!
アメリカでは、普通に受け入れられていて、学校や
仕事をする際に色々な配慮がされていて、発達の子の
生活がしやすいよね〜!
友達は、アメリカに移住する為の準備をしていて
もうすぐ行くのだけれど、ウチも考えようかな〜!」
えっえ〜😨移住ですか〜❓
発達障害だと英語の習得も大変じゃないの〜❓
凄いな〜!IQ高めの博士タイプなのかな〜❓
子供の為とは言え、母りんりんにアメリカ移住は
無理だわ〜・・・ごめんね長男どんぐり😞
と内心、講演会どころではなくなっていました。
他にも
「うちの子、書字障害だから、受験が困るのよね〜!
アメリカだとワープロが認められているのに、
日本では認めてくれないし、ほんと困る💢
学校に抗議しようと思ってる💢
うわ〜!みなさんしっかりしていらっしゃる。凄い。
発達障害の母はこうでなくちゃやっていけないのかな❓
と、思いましたが、本音はこわっ❗️でした。(笑)
でも、あの頃は、発達障害の事を解ってもらえて
なかったから、親子共々注意を受ける事も多かったし
人に話しても解ってもらえないから、話せなかったし、
発達母のストレスも、今よりずっと多かったと思います。
親の会では、話せるから、吐き出していたのかも
しれないと理解できる様になりました。
当時は、発達障害児の母、初心者だったりんりんは、
親の会が、良い場所であったら入会しようと思って
参加したのですが、ちょっと無理そうだと感じ、
終わってから誰とも話さず、目立たぬ様、
そそそーと帰って来ました(笑)
親の会もたくさんありますので、自分の居心地の良い
場所を選ぶと良いと思います👍

でも、書字障害❓長男どんぐりは漢字を読む事には
困らず、読書大好き💕
でも書く事には色々な問題が・・・

▪️ミミズのはった様な字だと、よく父親に怒られて、
つきっきりで練習しても、ちっとも変わらない。
▪️漢字の練習をして、練習した順番にはかけても
読み仮名から漢字を書く事が出来ない。
▪️中学1年生の先生が熱心に、特別漢字練習ノート
を作って宿題を出してくれました。
長男どんぐりも頑張ってみたけど、成果が上がらなくて
先生に申し訳ないと思った事。


読めるのに、なぜ❓何故❓不思議だと思っていました。
しかし

書字障害・・・じゃない❓
どうしようもなかったんじゃない・・・❓
父親にあんなに怒られなくても
よかったんじゃない❓

学習障害は専門家でも判断する事が難しい障害だ
そうです。
診断はやはりアメリカ精神医学会の『DSM-5』
世界保健機関の『ICD-10』による診断基準に基づいて
診断されるそうです。
長男どんぐりは読む事ができる為、書く事が重要では
ない仕事を選びコツコツ働けています。
今では、役所の手続きも書字障害の為、家族の
代筆も認めてくれます。
学習障害は本格的にお勉強が始まる小学生頃まで
判断が難しいそうです。
成長がゆっくりである可能性がある為です。
もし、学習障害でもお仕事は出来ます。
大丈夫ですよ🌈
読めなければ、読んでもらう事を頼めば良いし、
書けなくても、今の仕事はパソコンが多いです。
算数ができなくても、できるお仕事は、
たくさんあります。

🔷次男くれよんでの体験🔷

時は流れ、次男くれよんは、小学校は普通級でした。
トゥレット症候群発症の4年生までは毎日元気に
通っていてお勉強も出来ていました。
漢字の50問テスト、100問テストも合格して
いましたが凄く嫌がっていました。
主治医に学習障害があるのか聞いた所、学習障害
ついては専門ではないので、紹介状を書きますから、
受診してみますか?と先生が言ってくれました。
え〜!先生自らセカンドオピニオンしてくれるとは、
驚きました。
その児童精神科の先生は、学習障害の専門&独自に
研究していて診断だけではなく、学習障害であっても
その子にあった勉強法を教えてくれたり、
学習支援をしてくれる面白い先生と聞き、
紹介状をお願いしました。
診断は対面での問診、色々なジェスチャー、計算
などじっくり30分程観察してくれました。
場所的に遠いのと、学習支援は半年先まで、
予約が取れない為、その後2回程通院し、
次男くれよんにあった勉強法を教えてもらいました。
勉強がとてもしやすくなり、価値ある通院でした。

発達障害の子は普通級のお勉強方法が合わない場合
お勉強するのが嫌になってしまいますが、
その子に合った勉強法があります。
記憶でも視覚記憶が優れていたり、聴覚記憶が優れて
いたりと違いますからね😊
そういえば、次男くれよんは漢字テスト開始前に
漢字を見ておくと、100点取れていたそうです。
視覚記憶が優れていたのですね。
無理やり書かせて覚えさせようとした、母りんりんの
間違えでした。(またやっちゃってましたね😨)

いつも、読んで頂きありがとうございます!
嬉しく元気の素になっています!
また、お願いします✨